学部・大学院|人文学部 英語コミュニケーション学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 文学部 の中の 英語コミュニケーション学科 の中の 学びのポイント

本文印刷


学びのポイント

実用的で実践的な英語能力と
コミュニケーション能力を身につけます

実用的な英語力、将来に役立つ資格、世界に向かって日本を正しく語ることができる能力。充実したカリキュラムで、これからの国際人に求められる真の実力を養成します。

1.目的を明確にしたカリキュラム編成

本学科では、学生が目的に応じて専門的に深く学ぶことができるように4つの専門分野を設けています。

「英語コミュニケーション能力」群

「英語コミュニケーション能力」群

スピーキングやリスニング、ライティング、リーディングの科目を充実。学生の能力や学習レベルに応じて英語力を養成します。授業は主にネイティブスピーカーの教員が担当。実社会で通用する生きた英語力を鍛えます。

「英語資格」群

学生に人気の高いTOEIC®やTOEFL®、英検、観光英検、通訳案内士(通訳ガイド)など、資格取得関連科目が充実。合格に向けた実践的な知識を修得します。また、同じ資格でも、実力に応じてレベルアップを図る上位科目も設けています。

「日本文化」群

国際社会で求められているのは、日本について正しい知識を持ち、それを英語で語ることのできる能力です。この群では日本文化学科と連携し、日本の文化や歴史を学び、日本への理解を深めます。

「異文化理解」群

「異文化理解」群

英米の文化や歴史、文学、翻訳法、異文化コミュニケーション論などを幅広く学修。英語文化圏に関する知識を広めると同時に、学修を通してコミュニケーション能力を磨きます。

2.多彩な留学制度で国際感覚を養成!

多彩な留学制度で国際感覚を養成

帝塚山大学ではさまざまな海外留学制度を設けていますが、英語コミュニケーション学科でも本学科の学生を対象にした「留学制度」を実施しています。「単位認定中期留学制度」では、2年生を対象に3ヶ月間、アメリカのポートランド州立大学で英語のプログラムを受講するもので、学生の語学力向上に高い成果を上げています。また、現地の人々との交流を通して、生きた国際感覚を養うことができます。2010年度から実施している「海外臨地講義」では2年生以上に対して、10日間程度行います。

3.学外実習で観光英語の実力を磨く

学外実習で観光英語の実力を磨く

本学科では授業の一部に、実践力を養う学外実習を取り入れています。「観光英語研究A・B」の授業では、臨地講義として法隆寺などを訪問。各スポットでプロの通訳ガイドの先生から英語と日本語で講義を受け、観光ガイドとして必要なスキルを学んでいます。また、実際に名所旧跡を訪れることで、その歴史的背景や意義を再確認し、日本に関するスキルを深めています。

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA