学部・大学院|文学部 文化創造学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 文学部 の中の 文化創造学科 の中の 履修モデル・カリキュラム の中の 地域プロデュースコース

本文印刷


履修モデル・カリキュラム

地域プロデュースコース

NPO実務士認定資格の取得を目指す

地域の素晴らしさを見いだし、住民とのコミュニケーションをはかりながら、町の活性化、地域住民との協働、景観の保持、伝統工芸・特産品の育成など、“地域・まちづくり”の方法を学ぶコースです。リサーチの方法、実際に地域・まちづくりや地域活性化の方法を習得し、自らの“成果”を創りあげます。

めざせる進路

  • 公務員
  • 観光関連会社
  • 地域産業
  • ホテル
  • 旅館
  • NPO関連団体
  • 販売業
  • サービス業
  • 一般企業 など

1年目

1年次は必修科目が多くありますが、それ以外はできるだけ幅広く履修し、できるだけ早く大学の学習スタイルに慣れてください。NPO実務士資格取得を目指す人は、1年次から計画的に関連科目を履修するようにしましょう。

()内は単位数

教養科目
  • 社会と人間C(現代社会)(2)
  • 情報基礎A(2)
  • スポーツ科学A(1) 【5】
外国語科目
  • 英語(総合)(2)
  • 東アジアのことば入門(2) 【4】
専門科目
  • 奈良の文化遺産A/B(4)
  • 現代日本の文化と社会(2)
  • 日本のサブカルチャー(2)
  • アジアの文化交流(2)
  • NPO概論(2)
  • アジアの歴史(2)
  • 地域づくり入門(2)
  • 文化情報入門(2) 【18】
基礎科目
  • 基礎演習A/B(4)
  • 奈良学A/B(4)
  • 日本人の心(2) 【10】
全学共通科目
  • キャリアデザインⅠ(2) 【2】
合計単位数 39

2年目

コース選択に備えて、地域・まちづくりに関係のある科目をできるだけ多く履修するようにしてください。NPO実務士資格取得を目指す人は、3年次に実習科目を履修できるよう、2年次までにできるかぎり多くの資格科目を履修するようにしてください。

()内は単位数

教養科目
  • 自然と人間C(現代科学)(2)
  • 情報基礎B(2) 【4】
外国語科目
  • 英語(時事)(2) 【2】
専門科目
  • 奈良の観光と景観(2)
  • 奈良の伝統産業(2)
  • 日本の伝統文化A(2)
  • 日本の精神文化(2)
  • 異文化コミュニケーション(2)
  • アジアの伝統文化(2)
  • 地域・まちづくりA/B(4)
  • 経営組織論(2)
  • メディアと情報発信(2)
  • NPO実務論(2)
  • NPO事例研究1(国内)(2)
  • NPO事例研究2(海外)(2) 【26】
基礎科目
  • 文化創造演習A/B(4) 【4】
全学共通科目
  • キャリアデザインⅡ(2) 【2】
合計単位数 38

3年目

メディアがあつかう代表的なコンテンツについて本格的に学び、また現地でアクティブに活動するための方法を身につけましょう。それは社会に出てすぐに役立ちます。

()内は単位数

教養科目
  • 社会と人間B(マスコミ)(2)
  • スポーツ科学C(1) 【3】
外国語科目
  • 英語(読解)(2) 【2】
専門科目
  • 地域と行政(2)
  • 日本の世界遺産A(2)
  • アジアの世界遺産(2)
  • 広報論(パブリック・コミュニケーション)(2)
  • 地域・まちづくり演習A(2)
  • メディア表現演習B(2)
  • NPO演習(事前研修)(2)
  • NPO実習1/2(4)
  • ゼミナールⅠ(4) 【22】
合計単位数 27

4年目

4年間の学習の集大成として、ゼミや演習科目で地域・まちづくりに関わるオリジナルの企画をプロデュースし、その成果を積極的に発表、発信しましょう。

()内は単位数

教養科目
  • 文化と人間A(世界の文芸)(2)
  • 自然と人間B(環境)(2) 【4】
外国語科目
  • 英語(コミュニケーション)(2) 【2】
専門科目
  • 地域とメディア(2)
  • 日本の生活文化(2)
  • 近現代の東アジアと日本(2)
  • 地域・まちづくり演習B(2)
  • メディア表現演習A(2)
  • ゼミナールⅡ(卒業研究)(4) 【14】
合計単位数 20

他の履修モデルを見る

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA