学部・大学院|法政策研究科 世界経済法制専攻

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 法政策研究科 世界経済法制専攻 の中の カリキュラム の中の 博士前期課程

本文印刷


博士前期課程

授業科目

  • 1.演習科目は、知的財産法制コースとして、「知的財産の保護と救済」、国際契約法コースとして、「国際契約規律の法理」の2演習科目を配置している。
  • 2.演習科目に対応する講義科目を以下のように配置している。

  • 3.共通専門科目として、「国際人権法特論」、「国際的法抵触特論」、「都市政策特論」、「国際民事手続法」、「電子取引システム特論」、「日本法システム特論」、「日本政治外交史」、「会社法持論」及び「高度人材インターンシップⅠ」の9講義科目を配置している。
  • 4.必要に応じて、本学経済学研究科博士前期課程で開講されている「国際経済学特論」及び「アジア経済論特論」の履修も認める。

履修方法

大学院学生は、自らの専攻分野を決め、その分野の科目を担当する教員を指導教授として研究指導を受け、学位論文の作成に従事するとともに、専攻分野を中心に、それと関連する分野の科目も履修して、合計30単位以上の単位を修得しなければならない。

学位

博士前期課程を修了し、修士学位論文審査に合格した者には修士(法学)の学位が与えられる。

履修モデル

研究分野の履修モデル

研究分野の履修モデル
研究分野の履修モデル

平成27年度 法政策研究科 世界経済法制専攻 博士前期課程(実績)

知的財産法制コース
科目名 配当年次 単位 担当者
知的財産の保護と救済演習 1~2 8 教 授 高 榮洙
知的財産法基礎理論 1・2 4 教 授 高 榮洙
知的財産の管理 1・2 4 (平成27年度不開講)
国際経済競争の枠組みと法理 1・2 4 准教授 馬場 文
知的財産事例研究 1・2 4 教 授 高 榮洙
国際知的財産法 1・2 4 教 授 末吉 洋文
知的財産実務 1・2 4 講 師 松岡 直之
国際契約法コース
科目名 配当年次 単位 担当者
国際契約規律の法理演習 1~2 8 准教授 黄 ジンテイ
国際契約法基礎理論 1・2 4 講 師 吉川 英一郎
国際取引紛争処理制度特論 1・2 4 講 師 高杉 直
共通専門科目
科目名 配当年次 単位 担当者
国際人権法特論 1・2 4 教 授 末吉 洋文
国際的法抵触特論 1・2 4 准教授 黄ジンテイ
都市政策特論 1・2 4 (平成27年度不開講)
国際民事手続法 1・2 4 (平成27年度不開講)
電子取引システム特論 1・2 4 講 師 加藤 靖弘
日本法システム特論 1・2 4 教 授 飛世 昭裕
日本政治外交史 1・2 4 教 授 関 静雄
会社法持論 1・2 4 教 授 福本 葵
高度人材インターンシップⅠ 1・2 4 (平成27年度不開講)
入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA