学部・大学院|人文科学研究科 日本伝統文化専攻

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 人文科学研究科 日本伝統文化専攻 の中の 人材養成(教育研究上の)目的・3つのポリシー

本文印刷


人材養成(教育研究上の)目的・3つのポリシー

人文科学研究科 日本伝統文化専攻の人材養成(教育研究上の)目的

日本伝統文化を総合的かつ体系的に究明し、有形文化や無形文化の探求を通して、日本伝統文化に関する高度な専門職業人の養成や学際的視野に立つ研究者の育成を行う。

ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与の方針)

人文科学研究科日本伝統文化専攻では、本学の教育理念および本専攻の人材養成目的に基づき、本専攻の課程を修め、所定の期間在学し、博士前期課程では30単位、博士後期課程では4単位の卒業要件単位の修得と必修などの条件を充たすとともに、演習担当教員の指導のもと、日本伝統文化に関する諸学[民俗学、考古学(歴史考古学)、美術史学、文献史学(古代史・中世史)、古典文学]を総合的・体系的に究明し、博士前期課程では修士論文等、博士後期課程では博士論文の審査及び最終試験に合格し、下記の、独創的かつ先進的な成果をあげ、知識・能力・資質等を身につけた者に修了を認定し、学位を授与する。

博士前期課程

  1. 【専門的知識と研究成果】
    演習担当教員の指導のもと、条件を充たす学術論文等の形式で、日本伝統文化に関する諸学に関する、独創的かつ先進的な成果を発表している。
  2. 【専門的知識や技能の活用】
    変化する社会状況に応じて、日本伝統文化に関する高い見識や修得した高度な研究能力、表現・発信力を生かし、学際的視野に立って、社会や地域に関する諸問題について専門的な見解を持ち、他者に説得的に伝えることができる。
  3. 【主体的な意識と態度】
    日本伝統文化を深く理解し、高度な専門職業人や学際的視野に立つ研究者として、自らの高い、長期的な目標をもち、その実現のために主体的に学ぶことができる。
  4. 【多様なコミュニケーション】
    日本伝統文化に関する深い見識や学際的な知見に基づき、文化・社会的背景の異なる多様な人々を相手の立場に立って深く理解し、配慮しながら、精確な表現力を用いて高度な、専門的協働をすることができる。
  5. 【社会人としての自立】
    専門的職業人や学際的視野に立つ研究者を目指すのにふさわしい素養や倫理観、責任感をもち、地域や社会の動向をふまえて現場で必要とされる実践力を身につけ、社会の一員として適切な行動ができる。

博士後期課程

  1. 【専門的知識と研究成果】
    演習担当教員の指導のもと、条件を充たす学術論文等の形式で、日本伝統文化に関する諸学に関する、独創的かつ先進的な成果を発表している。
  2. 【専門的知識や技能の活用】
    変化する社会状況に応じて、日本伝統文化に関するきわめて高い見識や修得した特に高度な研究能力、表現・発信力を生かし、学際的視野に立って、社会や地域に関する諸問題について専門的で、かつ、独創的な見解を持ち、他者に説得的に伝えることができる。
  3. 【主体的な意識と態度】
    日本伝統文化を特に深く理解し、高度な専門職業人や学際的視野に立つ研究者として、自らの高く、緻密で、長期的な目標をもち、その実現のために主体的に、かつ、自立して学ぶことができる。
  4. 【多様なコミュニケーション】
    日本伝統文化に関する特に深い見識や学際的な知見に基づき、文化・社会的背景の異なる多様な人々を相手の立場に立って、深く誠実に理解し、配慮しながら、精確で豊かな表現力を用いて高度な、専門的協働をすることができる。
  5. 【社会人としての自立】
    専門的職業人や学際的視野に立つ研究者を目指すのにふさわしい素養や特に高潔な倫理観、責任感をもち、地域や社会の動向をふまえて現場で必要とされる優れた実践力を身につけ、社会の中核を担う存在として適切な行動ができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

  1. 総体として、個別もしくは少人数を対象とする専門的内容による、アクティブで、きめ細やかな教育を行い、学位論文作成に必要な能力や、表現・発信能力、主体的に学ぶ能力、専門的協働のための能力の養成をはかり、倫理観や責任感を涵養する。
  2. 基礎科目として、学際的視野を養うための「日本伝統文化特論」と奈良及び周辺地域の有形・無形文化財を対象とするフィールドワークとしての「奈良学特論」を置く。
  3. 民俗学、考古学(歴史考古学)、美術史学、文献史学(古代史・中世史)、古典文学を専門分野として、それぞれの体系性に基づき、必修科目や選択科目を設置する。
  4. 各専門分野の研究指導科目として「演習」を置き(2年間の履修で8単位を認定する)、その担当教員が指導教員となり、学習や研究を指導する。
  5. 関連講義科目として各分野の講義科目「特論」を置く。各科目をⅠ群(民俗学)、Ⅱ群(考古学)、Ⅲ群(美術史学)、Ⅳ群(文献史学)、Ⅴ群(古典文学)の5群に分類する。
  6. 関連講義科目について、「演習」の領域と対応する群より4科目8単位以上の修得を課す。
  7. 学外講師を招へいしての日本伝統文化に関する総合的もしくは専門的な教育を行う。

博士後期課程

  1. 総体として、個別もしくは少人数を対象とする、より高度な専門的内容による、アクティブで、きめ細やかな教育を行い、学位論文作成に必要な能力や、表現・発信能力、主体的に学ぶ能力、専門的協働のための能力の養成をはかり、倫理観や責任感を涵養する。
  2. 民俗学、考古学(寺院史)、美術史学(仏教美術史)、文献史学(日本文化史)、古典文学を専門分野としてそれぞれの体系性に基づき、必修科目や選択科目を設置する。
  3. 各専門分野の研究指導科目の「特殊研究」を置き(3年間の履修で4単位を認定する)、その担当教員が指導教員となり、研究を指導する。
  4. 関連講義科目として各分野の「特殊講義」を置く。「特殊講義」について、「特殊研究」の領域と対応する科目4単位の修得を課す。
  5. 学外講師を招へいしての日本伝統文化に関する総合的もしくは専門的な教育を行う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

人文科学研究科日本伝統文化専攻は、教育理念に掲げた人材を育成するために、下記のことを入学者に求める。

博士前期課程

  1. 大学における民俗学、考古学(歴史考古学)、美術史学、文献史学(古代史・中世史)、古典文学を中心とする日本伝統文化に関する教育課程を幅広く修得し、あるいは、基礎的知識を持っている。
  2. 他者との対面状況で自分の意志を高度なレベルで伝えることができ、教員等との共同研究に参画できる協調性と積極性を有する。
  3. 本専攻が掲げる人材養成目的を理解している。
  4. 民俗学、考古学(歴史考古学)、美術史学、文献史学(古代史・中世史)、古典文学に関わる専門職員や教育職員などの専門的職業人、あるいは学際的視野に立つ研究者を目指し、向学心・探究心を有している。
  5. 文献を読解し分析するための基礎的学力を有し、基礎的な論文作成能力を有する。

博士後期課程

  1. 大学院博士前期課程における民俗学、考古学(歴史考古学)、美術史学、文献史学(古代史・中世史)、古典文学を中心とする日本伝統文化に関する教育課程を幅広く修得し、あるいは、充分な専門的知識を持っている。
  2. 修士論文において高い専門性や独創性が認められる。
  3. 他者との対面状況で自分の見識や意志を高度なレベルで説得的に伝えることができ、教員等との共同研究に参画できる協調性と積極性を有する。
  4. 本専攻が掲げる人材養成目的を理解している。
  5. 民俗学、考古学(寺院史)、美術史学(仏教美術史)、文献史学(日本文化史)、古典文学に関わる専門職員や教育職員などの専門的職業人、あるいは学際的視野に立つ研究者を目指し、資格の取得などの実績がある。
  6. 研究遂行に不可欠な高度な文献読解・分析力をもち、充分な論文作成能力を有する。

※pdf版はこちら(全学部・学科、研究科等)(PDF:292KB)PDF

※人材養成目的および3つのポリシーは、より深い理解につながるよう、内容や表現等について定期的な見直しを行っています。

Adobe Readerのダウンロード

PDFをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
以下のサイトよりダウンロードのうえ、インストールしてください。

Adobe Readerはこちら

入試情報サイト
  • 大学院生による所蔵資料紹介

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA