学部・大学院|経済学研究科 経済学専攻

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 経済学研究科 経済学専攻 の中の 人材養成(教育研究上の)目的・3つのポリシー

本文印刷


人材養成(教育研究上の)目的・3つのポリシー

経済学研究科 経済学専攻の人材養成(教育研究上の)目的

変動する社会のニーズに応えられる幅広い視野と高度な専門知識を持った研究者、職業人ならびにエコノミストの養成を目的とする。

ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与の方針)

博士前期課程

経済学研究科経済学専攻博士前期課程は、所定の期間在学し、選択した指導教員の演習8単位を含む30単位以上を修得するとともに、修士論文または特定の課題の研究についての審査および最終試験に合格し、かつ下記の知識・能力・資質等を身につけた者に修了を認定し、学位を授与する。

  1. 経済・経営・会計分野において専門的な分析・予測能力を身につけ、課題を発見し、解決する能力

博士後期課程

経済学研究科経済学専攻博士後期課程は、所定の期間在学し、選択した指導教員の特殊研究の単位4単位を修得するとともに、博士論文の審査および最終試験に合格し、かつ下記の知識・能力・資質等を身につけた者に修了を認定し、学位を授与する。

  1. 経済・経営・会計分野において高度に専門的な研究能力を身につけ、自ら研究課題を設定し、研究成果を上げる能力

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

  1. 経済・経営・会計の領域における問題の発見、分析および解決に役立つ専門的な応用能力と自ら考える姿勢を身につけさせることを目的とする。
  2. 経済学研究科のカリキュラムは大きく分けて、経済学分野の科目群と、経営学・会計学分野の科目群を設定しているが、本研究科生は、指導教員による特論演習を除いて、指導教員の専門分野、入学時に選択したコースとは関係なく自由に科目を選択することができる。

博士後期課程

  1. 経済学、経営学、会計学の高度な概念枠組みに基づいた分析力と論理構成力の修得と実証能力の育成を要点とし、経済学・経営学・会計学それぞれのアプローチの複眼的視点による知的連携効果を目指す。
  2. 博士論文作成の段階的指導と、経済・経営・会計分野の高度な学問的水準を確保する体系的指導を行う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

※平成30年度より学生募集停止

※pdf版はこちら(全学部・学科、研究科等)(PDF:312KB)PDF

※人材養成目的および3つのポリシーは、より深い理解につながるよう、内容や表現等について定期的な見直しを行っています。

Adobe Readerのダウンロード

PDFをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
以下のサイトよりダウンロードのうえ、インストールしてください。

Adobe Readerはこちら

入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA