学部・大学院|経済学研究科 経済学専攻

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 経済学研究科 経済学専攻 の中の 進路・資格

本文印刷


進路・資格

情報化と国際化の進展に伴い、社会は、ますます系統だった深い知識と高度な専門的技術を持つ人材を必要としています。本研究科修了者の進路としては多くの道が開かれています。

将来の進路

(1)「研究者志望コース」の前期課程修了者は、後期課程に進学し研究者への道を選ぶことができます。本学のみならず、他の大学で大学教員としてのキャリアを積んでいる修了生が多数います。

(2)「研究者志望コース」を修了後、その専門能力を生かして、政府・公共団体・企業・経済団体等に就職し、経済・会計のスペシャリストとして調査研究と計画策定に従事することができます。

(3)「税理士志望コース」の修了者は、税理士試験の一部科目の免除申請をすることができます。自己の修士の学位等取得に係る研究について国税審議会の認定を受けた場合には、試験科目の一部を合格したものとみなされて試験が免除されます。(本研究科が税理士試験の科目免除を保証するものではありません。)本コースの修了者の大多数は、税理士として社会に貢献しています。また、公認会計士等の専門職の道に進むこともできます。

(4)「社会人向け修士号取得コース」の修了者には、その専門知識を生かし、様々な分野でコンサルタントなどとして社会に貢献する道が開かれています。もし、さらなる専門知識の研鑽を目指すのであれば、あらためて博士後期課程へ進学し、研究者を目指すことができます。

修了生の声

大学の教員として活躍

吉田さん

吉田さん
経済学研究科 経済学専攻博士前期課程修了

私は薬学部を卒業後、薬剤師として病院に勤務しておりましたが、一念発起して帝塚山大学大学院に進学しました。薬学部出身でしかも社会人として働いていましたので、大学院の講義についていけるのか不安でしたが、教授陣の指導は非常に丁寧でわかりやすく、質問に行くと講義時間外でも気軽に対応して頂けましたので、充実した研究生活を送ることができました。修士論文の指導も懇切丁寧にして頂きました。現在、大学の教員として教育・研究活動に携わっておりますが、修士論文が私の研究テーマの基礎になっています。
大学院修了後も恩師の先生方には研究のアドバイスなどでお世話になっており、帝塚山大学の大学院で多くの素晴らしい恩師にめぐり逢えたことは、何ものにもかえ難い私の財産になっています。

税理士として活躍

松岡さん

松岡さん
経済学研究科 経済学専攻博士前期課程修了

私が大学院を志したのは、大学卒業後勤務した会計事務所で、実務経験を積みながら税理士試験に挑戦していましたが、仕事と受験勉強の両立は難しく、当時の先輩職員に相談したことがきっかけでした。たまたま、その先輩が帝塚山大学大学院修了生であり、大学院進学という道を教えてくれたのです。大学院では、京都会議が開催され話題となっていた環境税をテーマに、実証研究を取り入れた修士論文を作成しました。大学院修了後は、在学中からアルバイト勤務していた会計事務所に就職して経験を積み、独立開業しました。現在は、税務申告等の税理士業務の他、ファイナンシャルプランナーの資格を取得し、各種セミナーを開催しています。規制緩和により、税理士をとりまく環境は厳しくなってきていますが、税理士の業務は多岐にわたるので、その活躍の場は様々です。また、経営者の相談役として、とてもやりがいのある仕事であると感じています。

入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA