• HOME
  • 経済学部
  • ニュース一覧
  • 近畿財務局からの講師による第8回リレー講義「特殊講義(金融・財政の現状)」が行われました

学部・大学院経済学部ニュース

2017年06月16日|経済学部ニュース
近畿財務局からの講師による第8回リレー講義「特殊講義(金融・財政の現状)」が行われました

今回のリレー講義「特殊講義(金融・財政の現状)」は,財務省近畿財務局・理財部主計第2課長の山本誠氏より,「災害復旧制度及び予算執行調査について」というテーマで行われました。

0616-1.jpg

1.講義の様子

今回は,「災害復旧制度」と「予算執行調査」という2つのテーマについて講義を頂きました。まず,第1のテーマに関して,予算措置の流れの説明の後,近年の災害復旧等事業費の予算の特徴,災害復旧制度の歴史,災害復旧事業の対象施設や要件や特徴などについて分かり易く説明されました。また,災害査定立会制度に関しては,その根拠・必要性や実際の立会の流れについて,多くの写真や山本氏のご経験に基づいた具体的な説明を頂きました。第2のテーマに関しては,予算執行調査の概要に続いて,調査の必要性・有効性・効率性といった調査の視点を説明され,最後に,予算執行調査の具体例を取り上げ,詳細に,かつ,平易に説明されました。

0616-2.jpg  0616-3.jpg 
2.講師の山本誠氏 3.図を描いて,分かり易い説明を

講義後,受講学生から,山本氏のご経験について質問がありましたが,いろいろな局面での氏のご経験の一端を紹介頂きました。

0616-4.jpg

4.配付された資料

この講義は,「金融と財政の現状」について,奈良財務事務所をはじめ,近畿財務局,財務省の全面的なご協力を頂き,金融政策,財政政策の現場におられる方々にリレー形式で講義を頂くというもので,今年で12年目となります。経済学部の専門科目(前期・2単位)の一つとして,日本の財政の現状と課題,奈良をはじめ近畿管内の経済情勢,金融経済の知識,金融商品の仕組みなど,金融や財政に関する多様な内容が予定されています。

今後の講義の様子は、引き続き当ホームページにて報告する予定です。