学部・大学院

経済学部 経済学科

MENU

ニュース

2014年07月04日

近畿財務局による第11回「経済学特殊講義(金融・財政の現状)」が行われました

「経済学特殊講義(金融・財政の現状)」の第11回講義が,本学経済学部の卒業生でもある,近畿財務局奈良財務事務所・財務課課長の田中雄介氏によって行われました。 

講義の前に,前々回の講義への学生からの質問(預金保険制度や振り込め詐欺などに関する質問)に対するご回答の説明がありました。 

今回は「経済統計の見方」というテーマで,さまざまな経済統計についての講義を頂きました。最初に,「経済統計とは」として,経済統計の種類,時系列データの見方等を説明されました。次に「国内総生産(GDP)から分かること」として,国際比較や三面等価や経済成長率の話を図やグラフを用いて分かり易く説明されました。続いて,「家計調査」「大型小売店販売額」「鉱工業生産指数」「有効求人倍率」等,主な経済統計の特徴や見方について,丁寧な資料に基づき解説されました。

講義の後,大型小売店販売額や有効求人倍率などの質問にも,平易にお答えいただきました。 

この講義は,私たちの日々の生活と密接な関係にある金融と財政について,奈良財務事務所をはじめ,財務省近畿財務局の全面的なご協力を頂き,金融政策,財政政策の現場におられる方々にリレー形式で講義を頂くというもので,今年で9年目に入るものです。経済学部の専門科目(前期・2単位)の一つとして,日本の財政の現状と課題,奈良をはじめ近畿管内の経済情勢,金融経済の知識,金融商品の仕組みなど,金融や財政に関する多様な内容が予定されています。 

今後の講義についても、引き続き当ホームページにて報告する予定です。

講義の様子

講義の様子

講師の田中雄介氏

講師の田中雄介氏

配付された資料

配付された資料

ニュース一覧へ戻る