学部・大学院

経済学部 経済学科

MENU

ニュース

2014年06月20日

近畿財務局による第9回「経済学特殊講義(金融・財政の現状)」が行われました

「経済学特殊講義(金融・財政の現状)」の第9回講義が,財務省近畿財務局・奈良財務事務所理財課長の松井晴彦氏によって行われました。 

講義に先立ち,第7回・第8回講義での学生からの多くの質問(中国との貿易,損失補填など)に対し,奈良財務事務所総務課長の春名貢氏を通じて,ご回答を頂きました。 

今回は「金融取引の基礎知識について」というテーマで,「預貯金」「株式・債券・投資信託」「生命保険・損害保険」「クレジット・ローン」といった各種金融商品やそれに関わる内容の講義を頂きました。特に,預貯金に関わる「振り込め詐欺」の話では,さまざまに巧妙化した手口や最近の発生件数などを資料や新聞などを用いながら,具体的に説明されました。受講学生は,トラブルへの対処として,金融や経済に関する正しい知識を身につけることとの重要さを痛感したようです。

講義終了後,「詐欺」の実態などについての質問があり,松井氏から丁寧にお答頂きました。 

この講義は,私たちの日々の生活と密接な関係にある金融と財政について,奈良財務事務所をはじめ,財務省近畿財務局の全面的なご協力を頂き,金融政策,財政政策の現場におられる方々にリレー形式で講義を頂くというもので,今年で9年目に入るものです。経済学部の専門科目(前期・2単位)の一つとして,日本の財政の現状と課題,奈良をはじめ近畿管内の経済情勢,金融経済の知識,金融商品の仕組みなど,金融や財政に関する多様な内容が予定されています。 

今後の講義についても、引き続き当ホームページにて報告する予定です。

前回と前々回の講義での質問への回答をされる春名貢氏

前回と前々回の講義での質問への回答をされる春名貢氏

講義の様子

講義の様子

講師の松井晴彦氏

講師の松井晴彦氏

配付された講義資料

配付された講義資料

ニュース一覧へ戻る