学部・大学院

経済学部 経済学科

MENU

ニュース

2014年05月23日

第5回の「経済学特殊講義(金融・財政の現状)」が行われました

「経済学特殊講義(金融・財政の現状)」の第5回講義が,財務省近畿財務局 奈良財務事務所管財課長の中村文彦氏によって行われました。 

講義に先立ち,前回の講義への質問(災害復旧に関する期間・費用等)に,奈良財務事務所総務課長の春名貢氏から,ご回答を頂きました。 

今回は「ご存知ですか? 国有財産」というテーマでした。冒頭,「若草山,平城宮跡,正倉院の中で,国有財産は?」というクイズから始まりました(講義の途中で,正解(すべて国有財産)の説明がされました)。①国有財産とは何か。②国有財産は私たちの身の回りでどのように使われているか。③国有財産の今後の課題は何か。という3つのポイントについて,順次,講義をされました。話の中で,具体的な例,金額,写真などを数多く紹介され,学生は,興味深く聴講していました。

終了後,学生からは,国有財産や政府出資などについて質問があり,丁寧にお答えいただきました。

この講義は,私たちの日々の生活と密接な関係にある金融と財政について,奈良財務事務所をはじめ,財務省近畿財務局の全面的なご協力を頂き,金融政策,財政政策の現場におられる方々にリレー形式で講義を頂くというもので,今年で9年目に入るものです。経済学部の専門科目(前期・2単位)の一つとして,日本の財政の現状と課題,奈良をはじめ近畿管内の経済情勢,金融経済の知識,金融商品の仕組みなど,金融や財政に関する多様な内容が予定されています。 

今後の講義についても、引き続き当ホームページにて報告する予定です。

講義の様子

講義の様子

講師の中村文彦氏

講師の中村文彦氏

前回の講義への質問に回答される春名貢氏

前回の講義への質問に回答される春名貢氏

配布された資料

配布された資料

ニュース一覧へ戻る