学部・大学院

経済学部 経済学科

MENU

ニュース

2014年05月16日

第4回目の「経済学特殊講義(金融・財政の現状)」が行われました

「経済学特殊講義(金融・財政の現状)」の第4回講義が,財務省近畿財務局理財部主計第二課課長の山永章夫氏によって行われました。 

講義に先立ち,前回の講義への質問(宝くじへの課税,外国人の納税,軽減税率など)に,奈良財務事務所総務課長の春名貢氏から,ご回答を頂きました。

今回は「災害査定制度及び予算執行調査について」というテーマでした。最初,学生には,必ずしも身近とは言い難い「災害復旧制度」について,奈良や和歌山や兵庫などの事例を,実際の写真を用いながら説明されました。次に,災害復旧の歴史・対象・条件などの説明のあと,災害の査定に関する具体的な流れを話されました。実際の金額が記載された資料も紹介されました。後半では,「予算執行調査」について,その目的や導入への経緯や調査の流れ・視点などについて,丁寧に説明されました。

終了後,学生からの「復旧工事の規模」「東日本大震災」などについての質問に,丁寧にお答え頂きました。 

この講義は,私たちの日々の生活と密接な関係にある金融と財政について,奈良財務事務所をはじめ,財務省近畿財務局の全面的なご協力を頂き,金融政策,財政政策の現場におられる方々にリレー形式で講義を頂くというもので,今年で9年目に入るものです。経済学部の専門科目(前期・2単位)の一つとして,日本の財政の現状と課題,奈良をはじめ近畿管内の経済情勢,金融経済の知識,金融商品の仕組みなど,金融や財政に関する多様な内容が予定されています。 

今後の講義についても、引き続き当ホームページにて報告する予定です。

前回の質問への回答される春名貢氏

前回の質問への回答される春名貢氏

講義の様子

講義の様子

今回の講師の山永章夫氏

今回の講師の山永章夫氏

配付された資料

配付された資料

ニュース一覧へ戻る