学部・大学院現代生活学部ニュース

2018年02月25日|現代生活学部ニュース
【食物栄養学科】「おいしいミソ、食べてミソ」活動報告、収益金を奈良市福祉協議会・善意銀行 に寄付

食物栄養学科・藤原ゼミでは、毎年ゼミ活動の一環として「手作り味噌 甚五郎」さんと共同で美味しいお味噌の企画、製造、分析、販売をさせていただいております。

今冬も美味しいお味噌が仕上がり、啓林堂書店さんの協力で一部店頭で試飲販売しました。ゼミ生たちは夕方の寒いなか、道行く人にお声がけして試飲・販売しました。学内でも1週間にわたり、学園前食堂でお味噌汁として提供させて頂きました。今年は、熟成度の異なる「若」(はっきりとした味わい)と「熟」(まろやかな味 わい)と名付けた2種類をご用意し、2/21現在、400g入りを学外330個、学内375個、計705個の販売実績でした。

4年生を代表して泉本佳穂さんが、2月21日に奈良市福祉協議会を訪問し、原材料費を除いた収益金28,898円を善意銀行に全額寄附しました。 皆様の暖かいご支援に心より感謝致します。 引き続き、お味噌の販売は行っております。ご興味がおありの方は下記までご連絡下さい。

Mail address; fujiwaraeenenzemi@gmail.com

 

おいしい味噌食べてミソパンフレット.pdf

 

 

製造行程.jpg

味噌販売.jpg 善意銀行寄附.jpg