学部・大学院現代生活学部ニュース

2018年02月16日|現代生活学部ニュース
【こども学科】施設内定者インタビュー(5)

和泉乳児院への就職が内定した、山下真奈さんにインタビューしました。

○就職内定、おめでとうございます。入学当初から施設への就職を希望していましたか。

入学当初は希望していなかったです。

○施設を志望した理由を教えてください。

大学でいろいろと学んでいく中で、保護者のもとで暮らして通園してくる保育所や幼稚園の子どもたち以上に、何らかの理由で保護者のもとから離れなければならない子どもを24時間通して関わり、支援する仕事がしたいと思うようになったからです。

○内定した施設を志望した理由を教えてください。

私が就職活動をしていく中で、このような施設で働きたいと思っていたのは、1つ目に乳児院と児童養護施設が同じ敷地内で併設されていること、2つ目に小規模化が進んでいること、3つ目に子どもたちが暮らしている環境の良さでした。様々な施設を見学した中で、一番、和泉乳児院が私の働きたい、子どもと関わりたいと思う環境が整っていたので、この施設で働くことに決めました。

○施設の就職に向けてどのような活動をしましたか。

地域ごとで開催されている施設の説明会に行ったり、各施設の説明会や見学に行ったりしました。

○4月からどんな保育士になりたいか、抱負を聞かせてください。

乳児院なので子ども第一の考えで常にいたいと思っています。でも様々な環境、理由で子どもを預けないといけなかった保護者の気持ちも受けとめられる職員になりたいと思います。

○その他、後輩などに伝えたいことがあれば・・・

わからないことや不安なことがあればすぐに先生やキャリアセンターの職員などに相談して、できることからはやく始めることが大切です。周りの友達の就職が決まりだすと焦ってしまいますが、自分がしたいと思える仕事に就けるように落ち着いて頑張ってください。