学部・大学院現代生活学部ニュース

2017年10月18日|現代生活学部ニュース
【居住空間デザイン学科】コンクリートの調合、打設の実習を行ないました

10月17日、住友大阪セメントのなかにある中研コンサルタントでコンクリートの調合、打設の実習を行ないました。大学内にはこのような実習を行なう施設がないため、中研コンサルタントの施設をお借りして、さらに、中研コンサルタントの職員の方の指導を受けて実施しました。

学生は固まる前のコンクリートに触れることはなかなかないので、スコップですくったコンクリートの重さや、コンクリートの柔らかさを実感していました。

調合、打設以外にも、様々なコンクリートの試験設備を見学することができました。厳しいコンクリートの品質管理や安全管理が行われていることもわかって、学生には良い経験になったと思います。

今回作った試験体は今後の建築実験の授業の中で強度の確認や劣化状態の調査などに使用されます。