学部・大学院|現代生活学部 居住空間デザイン学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 現代生活学部 の中の 居住空間デザイン学科 の中の メッセージ の中の 教員

本文印刷


メッセージ

専任教員

建物の構造や力の伝わり方を感覚で理解することから始めよう。

構造力学
三山 剛史教授

「構造力学」では、建物が地震の力に耐えるしくみや、地震に強い構造について学びます。「建築実験」では、知識が実感として身につくように、建物への力の伝わり方の実験をします。建築士をめざすには多少の数学的な知識が必要ですが、まず、できるだけ実物を見て感覚で理解することが大切です。

三山 剛史教授

インテリアデザインにかかわる仕事のできる基礎を確立しましょう

インテリア計画・インテリアデザイン実習
矢部 仁見准教授

インテリアデザインは内部空間のデザインを指しますが、それは単に建築デザインの一部ではありません。人間の体を衣服のように取りまくインテリアの学びは、とても感覚的で精神的な部分が大きいです。プロフェッショナルとしてのインテリアデザインの仕事は、そのような感覚や気持ちを寸法や材料に置き換え、一つの環境を作り出す仕事です。趣味やセンスだけで終わらないプロの仕事ができる基礎をしっかり学びましょう。

矢部 仁見准教授
入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA