学部・大学院|現代生活学部 食物栄養学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 現代生活学部 の中の 食物栄養学科 の中の 学びのポイント

本文印刷


学びのポイント

現場出身の教員が高レベルの管理栄養士に育てます

優れた管理栄養士育成のため各専門分野教育の強化を図り、現場出身の教員も含め各分野の専門性豊富な教員が実践力を身につける演習や病院などでの臨地実習を充実。国家試験対策は全専任教員がサポートします。

1.1年次からスタートする独自の国家試験対策

合格率100%の実績を裏付ける徹底した教育体制。

1年次から国家試験対策をスタート。国家試験対策室を設置し、個人面談を行って受験意識を高め、習熟度別の対策授業を実施するなど、教員が一丸となって一人ひとりの合格をサポートします。その結果、常に全国平均を上まわる管理栄養士国家試験合格率を維持しています。

2.現場経験豊富な教員指導のもとで学べる実習

さまざまな施設の現場で学び、実践力の高い管理栄養士を育成。

2.現場経験豊富な教員指導のもとで学べる実習

現場経験の豊富な教員による学内実習を実施。臨地実習では、病院や老人保健施設、福祉施設、保健センター、小学校などさまざまな施設での現場体験を通じて、管理栄養士として必要な実践力を身につけます。

3.食の専門家を育てる充実の設備と調理実習

献立作成や企画・提案力を養う調理実習等を数多く実施。

3.食の専門家を育てる充実の設備と調理実習

管理栄養士として必要不可欠な調理技術を身につけるため、本学では4年間で他校よりも多い約90回もの調理実習を実施しています。給食経営管理実習では、献立作成や作業管理を通じて企画・提案力、マネジメント力を身につけます。また、「給食経営管理実習室」や「臨床栄養実習室」などの設備を配備しています。

4.地域や企業との連携によるプロジェクト型学習

商品開発やレストランの経営を通じて、食の現場に必要な能力を身につける。

地域や企業などとの連携により、商品開発やレストランの経営などさまざまなプロジェクトを展開。一つの目標に向かって、企画・提案力やマネジメント力、コミュニケーション能力など、現場の業務を体験しながら学ぶことで、将来食の分野で活躍するために必要なあらゆる能力を養います。

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA