PICK UP
食品加工学実習

講義で学んだ食品の加工・貯蔵法の基礎知識への理解を深め、それらに関わる技能を習得するために、身近にある食品を原料として加工食品を実作します。また原料となる食品が新しい価値を持った食品に変化する過程を観察し、食べ物とは何かを考えます。特に伝統的な加工食品の実習では、日本の食文化への理解も含まることでしょう。