学部・大学院|こども学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 現代生活学部 の中の こども学科 の中の 人材養成(教育研究上の)目的・3つのポリシー

本文印刷


人材養成(教育研究上の)目的・3つのポリシー

現代生活学部の人材養成(教育研究上の)目的

人間社会や文化に対する確かな認識を基盤として、現代に生きる人々が豊かで健全な生活を形成するために必要な知識や技術を追究し、それを社会に提供できる専門的職業人を養成する。

こども学科の人材養成(教育研究上の)目的

子育てをめぐる環境の変化について深く分析するとともに、様々な角度から子どもについて研究し、子どもたちの健全な成長・発達を支援することのできる人材を養成する。また、保護者と連携して子育てを支援し、地域の子育てネットワークを活性化できる人材を養成する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

現代生活学部こども学科は、本学科の課程を修め、所定の単位の修得と必修等の条件を充たすとともに、下記の知識・能力・資質等を身につけた者に卒業を認定し、学位を授与します。

  1. <知識・技能>
    取得した資格・免許等を活用し、社会に貢献することができる。
  2. <能力・態度>
    希望する資格・免許に応じたコースを選択し、主体的に学ぶことができる。
  3. <態度>
    目標が共通の者や異なる者と、協力して目標達成に取り組むことができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

現代生活学部こども学科では、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)に掲げる知識・能力・資質等を身につけさせるため、下記のような教育内容と教育方法にもとづき、共通教育科目、専門教育科目およびその他必要とする科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に組み合わせた授業を実施します。

<教育内容>

  • 1. 演習科目として、基礎演習(1年次)、応用演習(2年次)、ゼミナール(3年次、4年次)を必修科目として開設する。
  • 2. 初年次教育は基礎演習(1年次)で、キャリア教育は基礎演習(1年次)、応用演習(2年次)、ゼミナール(3年次、4年次)で実施する。
  • 3. 専門教育の基礎となる科目を幅広く開講し、4年間を通して学べるようにする。
  • 4. 保育士、幼稚園教諭、小学校教諭の3資格を併有できる教育内容とし、進路に応じた選択が可能にする。

<教育方法>

  • 5. 少人数による演習で、個々に応じることを基本とする。
  • 6. 実践的・体験的な学修を必要に応じて取り入れる。
  • 7. 主体的な学びが深まるアクティブラーニングの方法等を取り入れる。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

現代生活学部こども学科は、教育理念に掲げた人材を育成するために、大学全体のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)に定める事項のほか、下記のことを入学者に求めます。

  • 1. 知識・技能、思考力・判断力・表現力などの能力、主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度を備えていること。
  • 2. 特に次の項目に当てはまること。
    • (1) 保育士 ・幼稚園教諭 ・小学校教諭をめざし、意欲的に学ぶことができること。
    • (2) こども学科で取得できる資格・免許等を活用し、社会に貢献することに努力し続けられること。

※pdf版はこちら(全学部・学科、研究科等)(PDF:292KB)PDF

※人材養成目的および3つのポリシーは、より深い理解につながるよう、内容や表現等について定期的な見直しを行っています。

Adobe Readerのダウンロード

PDFをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
以下のサイトよりダウンロードのうえ、インストールしてください。

Adobe Readerはこちら

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA