学部・大学院|こども学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 現代生活学部 の中の こども学科 の中の 学びのポイント

本文印刷


学びのポイント

子どもの成長・発達をサポートできる実践力豊かな
保育士・幼稚園教諭・小学校教諭を養成します

今、保育園、幼稚園、小学校という枠組みを超えて、長期的なスパンのもとで子どもを理解し、子どもの健全な発達と、保護者の子育てを支援できる人材が強く求められています。こども学科ではこのような社会的要請に応えて、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭の資格を併有する人材、子どもを取り巻く環境を理解し、子どもに適切にかかわることができる人間力豊かな人材を育成します。

1.保育士・幼稚園教諭・小学校教諭の3資格の取得が可能

保・幼・小連携の動向を踏まえ、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭の3つの資格取得が可能なカリキュラムを組んでいます。保育士と幼稚園教諭の併有、保育士と幼稚園教諭、小学校教諭の3資格の併有など、将来の進路に応じて複数の資格を取得することができます。

2.食物栄養学科と連携した「食育」教育

子どもの成長と発達を考えるうえで「食」の問題はとても重要です。本学科では食物栄養学科と連携し、「食育」を学科の学びの柱とし、子どもたちに正しい食生活を指導することができる人材を育てます。また、本学科の独自科目として「こども食育論」を開講します。

3.保育・教育現場などと連携した実践的な教育

学外での実習を充実させ、実践的な教育を展開します。また、体験的学習の機会を多くするために基礎演習Ⅰでは併設の帝塚山小学校・帝塚山幼稚園での見学授業をとり入れています。多様な経験の場を提供して職業意識を育てます。さらにボランティア活動への参加を積極的に支援し、社会性やコミュニケーション能力の育成を図ります。

4.地域の子育て支援の拠点としての機能

大学内に「子育て支援センター」を開設し、地域の子育て支援の拠点とします。学内で子どもの生活を観察し、子どもと触れ合う機会を持つことによって、子どもや親とコミュニケーションを図る力を身につけます。

5.コミュニケーション能力開発型授業の展開

これからの保育士・教員には、保護者や地域社会のさまざまな人たちと連携して子どものサポートができる高いコミュニケーション能力が求められます。本学科では多くの授業でコミュニケーション能力開発型授業を採用。受け身ではなく能動的に授業に取り組むことで、人とかかわる力や相手を理解する力を養います。

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA