学部・大学院|こども学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 現代生活学部 の中の こども学科 の中の 履修モデル の中の 保育士・幼稚園教員を目指す

本文印刷


履修モデル

目標とする進路

  • 公立保育所(園)・私立保育園の保育士
  • 公立・私立幼稚園教諭
  • 認定こども園保育教諭
  • 児童養護施設など保育所以外の児童福祉施設の職員
  • 乳幼児関連企業 など

保育士および幼稚園教員をめざすためには、児童福祉法および教員免許法で決められた科目をこども学科で履修し、保育士資格・幼稚園教諭1種普通免許状を取得しなければなりません。ここでは、そのために必要な科目について学年を追って紹介します。現代では子どもを取り巻く社会状況が大きく変化しています。そのため近年では「幼保一元化」といって、幼稚園は教育施設、保育所は福祉施設という従来の区分を打ち破る様々な新しい取り組みがなされており、保育士資格と幼稚園教諭免許を合わせて取得することが将来的に望ましいでしょう。どの進路に進むとしても、乳幼児に対する深い洞察力が必要とされ、保護者や他の組織と連携して、子どもの成長・発達を支援する役割を担うことになります。1年次から免許・資格取得のための必修科目が多く組まれています。めざす職への理解を深め、学習意欲を高めて4年間を乗り切ってください。

1年目 前期から始まる専門の勉強への対応と同時に、基礎的スキルを取得しよう

 

1年次には学外実習として、帝塚山小学校・帝塚山幼稚園に見学に行きます。この時期は、まず高校までの勉強と異なる大学での自律的な勉強の仕方に慣れることが必要です。前期から必修の専門科目が多く開講されます。そのため、講義内容の聞き取り力、理解力、文献や資料の読みとり力、自分の考えの説明力など、必要となる基礎的スキルを伸ばすよう心がけましょう。

【保育士資格・幼稚園教諭1種普通免許状取得のために必要な科目】

()内は単位数

教養科目
  • 文化と人間C(文学)(2)
  • 自然と人間C(環境)(2)
  • 健康科学A(2)
  • 情報基礎A(2)
外国語科目
  • 英語Ⅰ・Ⅱ(4)
専門基礎科目
  • 基礎演習Ⅰ・Ⅱ(2)
  • 現代生活論(2)
  • こども学概論(2)
  • 日本国憲法(2)
専門基幹科目
  • 保育内容(健康)(人間関係)(環境)(言葉)
    (音楽表現)(造形表現)(身体表現) 各(2)
  • 音楽科研究Ⅰ(2)
  • 図画工作科研究Ⅰ(2)
  • 体育科研究Ⅰ(2)
  • 教育心理学Ⅰ(2)
  • 発達心理学Ⅰ(2)
  • 乳児保育(2)
  • 教育原理(2)
  • 保育原理A(2)
  • 保育原理B(2)
専門関連科目
  • 社会福祉概論Ⅰ(2)
  • 体育実技(1)

2年目 保育所実習がスタート。授業で得た知識を実践で応用する方法を学びます

 

専門科目がより実践的な内容になってきます。1年次の基礎的な内容と関連付けながらじっくり取り組んでください。保育所実習に向けて必要な内容の理解と実践力を高めるための自主的な学びを加えるとさらに力がついてきます。

【保育士資格・幼稚園教諭1種普通免許状取得のために必要な科目】

()内は単位数

専門基幹科目
  • 算数科研究Ⅰ(2)
  • 生活科研究Ⅰ(2)
  • 国語科研究Ⅰ(2)
  • 音楽科研究Ⅱ(2)
  • 幼児理解(2)
  • 小児保健A(2)
  • 小児保健実習(2)
  • 小児栄養(2)
  • 障害児保育(2)
  • 保育実習事前事後指導Ⅰ(1)
  • 保育所実習A(2)
  • 保育所実習B(2)
専門関連科目
  • 養護原理(2)
  • 教育社会学または教育行政学(2)

3年目 教育実習(幼稚園)がスタート。保育所以外の児童福祉施設での実習も実施されます

 

「教育」という視点から子ども理解をさらに深め、高度な専門知識や実践的な指導力を身につけていく時期です。自分自身の興味をより専門的に追求していきましょう。

【保育士資格・幼稚園教諭1種普通免許状取得のために必要な科目】

()内は単位数

専門基幹科目
  • 小児保健B(2)
  • 養護内容(2)
  • 教職論(2)
  • 教育課程論(2)
  • 教育方法論(2)
  • 教育実習事前事後指導(幼稚園)(1) 
  • 教育実習(幼稚園)(4)
  • 保育実習事前事後指導Ⅱ(1)
専門関連科目
  • 施設実習A(2)
  • 保育相談演習(2)
  • 児童福祉論Ⅰ(2)

4年目 これまでの学びの総決算です

 

必要な学外実習は終わっていますが、実践力を磨くだけでなく、子どもを取り巻く社会状況を再度見つめなおして、より一層専門性の高い保育士・幼稚園教諭をめざしましょう。

()内は単位数

専門関連科目

幼稚園教諭や保育士には、子どもが好きなことは当然求められますが、乳幼児に対する保育や教育の高度な専門知識と実践的な指導力を持つことが必要です。また、情緒豊かなことや、人を受容することのできる余裕、子どもたちが憧れる存在となるようなその人らしい魅力も求められます。しかし、実際に保育士や幼稚園教諭として働くには、公立でも私立でも、教養・専門・面接・実技の分野における採用試験(効率は都道府県・市町村、私立は各園が実施)に合格しなければなりません。しっかりと自分の進路を見極め、授業以外でもこつこつと取り組んでいく必要があります。

他の履修モデルを見る

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA