学部・大学院|こども学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 現代生活学部 の中の こども学科 の中の 学科の特徴

本文印刷


学科の特徴

子どもの成長・発達をサポートできる
実践力豊かな保育士・幼稚園教諭・小学校教諭を養成します

子どもや親を取り巻く社会状況が激変している中で、乳幼児期から児童期にかけての子どもの成長・発達を支援することの大切さが改めて見直されています。
今、保育所、幼稚園、小学校という枠組みを超えて、長期的なスパンのもとで子どもを理解し、子どもの健全な成長と、親の子育てを支援できる人材が強く求められています。
こども学科ではこのような社会的要請に対応して、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭の資格を併有する人材、子どもを取り巻く環境を理解し、適切に子どもにかかわれる人間力豊かな人材を育成します。

こども学科
  • 保・幼・小の連携を理解し、適切な保育・教育ができる人材を育成します。
  • 学外実習のほか「子育て支援センター」を活用し実践力を身につけます。
  • 保護者と連携して子育てをするためのコミュニケーション能力を身につけます。
  • 子どもの発達段階を踏まえた、「食育」を行うことのできる人材を育成します。

めざせる進路

  • 保育士(保育園・所)
  • 幼稚園教諭
  • 保育教諭(認定こども園)
  • 小学校教諭
  • 乳児院の職員
  • 児童養護施設の職員
  • 児童館・学童保育の職員
  • 障がい児施設の職員
  • 子育て関連企業など

めざせる資格・免許

  • 保育士
  • 幼稚園教諭1種免許
  • 小学校教諭1種免許
  • 司書教諭

学科の教育研究上の目的

子育てをめぐる環境の変化について深く分析するとともに、様々な角度から子どもについて研究し、子どもたちの健全な成長・発達を支援することのできる人材を養成する。また、保護者と連携して子育てを支援し、地域の子育てネットワークを活性化できる人材を養成する。

3つのポリシー(ディプロマ、カリキュラム、アドミッション)(PDF:59KB)PDF

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA