帝塚山大学

教員紹介

植松 利晴

文学士 講師

植松 利晴

本学での主担当科目 社会科研究Ⅰ・Ⅱ、社会科教育法、生活科研究Ⅰ・Ⅱ
専門(研究)分野 社会科教育学
研究内容 社会科学習において、児童がより高次な社会認識を形成するための授業構成について研究しています。特に思考力・判断力を高める指導と評価の方法を探究しています。
学外研究活動・経歴 全国社会科教育学会会員、日本生活科・総合的学習学会会員、日本文教出版小学校社会科教科用図書著作者、奈良県小学校教科等研究会社会科部会顧問(前会長)、平成28年度奈良県教育委員会「我が国の伝統・文化教育の充実に係る調査研究」研究推進委員、平成29・30年度明日香村教育委員会「郷土学習副読本作製」検討委員会委員長
学生へのメッセージ 子どもの学びを伸ばす実践的指導力を有する教員を目指しましょう。
さらに詳しく