学部・大学院|経営学部 経営学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 経営学部 経営学科 の中の 人材養成(教育研究上の)目的・3つのポリシー

本文印刷


人材養成(教育研究上の)目的・3つのポリシー

経営学部 経営学科の人材養成(教育研究上の)目的

幅広い教養を基礎とし、変動するビジネス・シーンにおいて解決するべき諸問題を発見・解決でき、グローバルに通用する人材で、かつ適切な判断能力に基づいた自立した行動をとることができる人材を養成する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

経営学部経営学科は、本学部の課程を修め、所定の単位の修得と必修等の条件を充たすとともに、社会の要請に答え得る教養を備え、経営・会計・情報の各分野をバランスよく学修し、下記の知識・能力・資質等を身につけた者に卒業を認定し、学位を授与します。

  • 1. <知識・理解>
    • 急速に変化する社会が多様化・グローバル化していく中で、企業経営を支える経営学の基本的な理論に関して知識を有している。
    • 企業が事業を継続し発展させる上で、最も基本となるお金に関わるルールを学ぶ、簿記を含む会計学の基本的な理論に関して知識を有している。
    • 現代社会においては企業の業務だけではなく日常生活においても必要不可欠なコンピュータについて、コンピュータリテラシーを含めて知識を有している。
  • 2. <思考・判断>
    • 企業の活動において発生する種々の問題に対して、経営学的視点に立って論理的に考え、自ら判断できる。
    • 企業の会計情報をもとに、企業の現状と将来について考え、判断できる。
    • 情報機器を通して得られた情報が企業にとって必要かどうかを考え、判断できる。
  • 3. <技能・表現>
    • ビジネスにおいて必要不可欠であるコミュニケーション能力を有する。
    • 企業における諸問題を解決するために、経営学の知識を実践的に利活用できる。
    • 基礎的な企業の会計情報の作成ができる。
    • 情報機器を用いて、情報の収集、文書の作成、データの整理、プレゼンテーションができる。
  • 4. <関心・意欲・態度>
    • 日常生活において、ヒト・モノ・カネ・情報の現状や変化に常に関心を持ち、企業における業務にそれらを積極的に活かす意欲と態度を持つ。
    • 日々進化する情報通信技術に関心を持ち、企業の業務だけではなく、日々の生活に積極的に取り入れる態度を持つ。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

経営学部経営学科では、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)に掲げる能力・資質・スキル等を身につけさせるため、下記のような教育内容と教育方法にもとづき、教養科目・言語リテラシー科目・共通専門科目・学部専門科目等を体系的に編成し、講義・演習・実習・資格取得プログラム等を適切に組み合わせた授業を実施します。カリキュラム体系については、カリキュラムツリーや4つの履修モデル(経営・観光経営・会計・情報の各モデル)を明示し、履修ガイダンス等で学生に説明することにより、周知徹底を図ります。また、学修成果の評価についても次のように定めます。

<教育内容>

  • 1. 教養科目群では、幅広い教養や様々な立場におけるものの見方の獲得を目的とし、「統計・情報」・「科学」・「歴史・人文」・「社会・文化」の各分野の履修を通して、現代杜会における広範な問題の理解のための基本的観点・考え方を学ぶ。キャリア形成支援科目では、これらの学びを生かし、自らのキャリアを考える「キャリアデザインⅠ・Ⅱ」を学ぶ。
  • 2. 言語リテラシー科目群においては、英語教育において習熟度にもとづくクラス編成をとり、定期的に習熟度を確認して学生自身の学修進度にあった語学力の育成を図る。また、必修科目「大学生のための日本語表現」では、学部専門科目の学修に欠くことのできない読解力や文章表現力の基礎を修得する。
  • 3. 共通専門科目群では、初年次教育となる必修科目「基礎演習Ⅰ・Ⅱ」を通し、大学への適応を図り、大学における基本的な学習スキルおよびコミュニケーション能力・チームワーク力を修得する。また、「経営学入門」・「経済学入門」・「法学入門」を必修科目とし、社会科学系の基礎力を確保する。
  • 4. 経営学部経営学科では、企業や組織の構造と機能の特性を理解し、実際の企業や組織のマネジメントに必要な専門知識・スキルを修得するため、基礎から応用、発展的な科目へと1年次から4年次まで講義・演習・実習科目およびインターンシップ科目を段階的かつ有機的に配当する。また、学習スキル・コンピュータ技術・外国語の学修を通して、情報収集できる力を養うと同時に、コミュニケーション能力の習得を図る。
  • 5. 学生が、卒業後の進路をなるべく早く意識し、目的意識を持ち学修できるよう、2年次より経営モデル・観光経営モデル・会計モデル・情報モデルの4つのモデルを設定し、体系性・順序性を踏まえた科目を配当する。
  • 6. 経営学部経営学科では資格取得を推奨しており、ファイナンシャル・プランナー・観光・簿記・情報関連の資格取得を目指す「アドバンス演習」等を開講する。また、2年次から3年次にかけて、組織や集団での就労を体験する「インターンシップⅠ・Ⅱ」の履修を推奨し、学生と社会人との間にあるギャップの解消を図る。さらに、「海外短期語学研修科目(海外文化事情)」の履修を推奨し、アメリカ・スペイン・中国・ニュージーランドでの語学研修を通して、国際的に通用するコミュニケーション能力の育成を図る。
  • 7. 学部専門科目の中で学修内容の総合化をめざす演習科目(ゼミ)として、2年次から4年次まで「専門導入演習」・「演習Ⅰ」・「演習Ⅱ」を配置し、人材・資金・設備・物資・スケジュールなどをバランスよく調整し、全体の進捗状況をマネジメントするという経営の実務に沿った学修を発展的に繰り返し、経営学部で学んだ専門知織・スキルを活用した問題発見力や問題解決方法の修得を図る。また、選抜学生から構成される「アドバンスプログラム」を提供し、より高度な経営学・経済学・法学の分野を超えた知識と応用力を身につけ、公務員やトップ企業への就職を目指す。
  • 8. 特殊講義科目として「観光ビジネス入門」・「実践的中小企業経営」・「実践的スポーツビジネス」を1年次より開講し、実務家講師の生の声を聴き、議論やフィールドワークを通して、経営学を実践的に学ぶ。また、「地域アクティブラーニング」を開講し、訪問企業の事前調査・見学・経営者との交流、事後の振り返りを行い、学生の主体的に学ぶ力を育成する。さらに、2年次より「地元B to Bオンリーワン企業講座」・「キャリア基礎力演習Ⅰ・Ⅱ」を開講し、またキャリア関連合同ゼミを適宜実施することで、早くから将来の進路設計について考える機会を提供する。

<教育方法>

  • 9. 学部専門科目群においては、演習系科目に小規模のクラス編成を導入し、また多くの授業に実習を織り交ぜたアクティブラーニングの要素を取り入れる。
  • 10. 専門科目では、学期中に実施する小テスト等により適宜習熟度のチェックを行い、学生自らが学修プロセスの管理をできるようにする。

<学修成果の評価>

  • 11. 半期ごとに、学部が推奨する単位数とGPAを学生に求める。もし学生の成績結果が、学部が推奨する単位数とGPAに満たない場合は、学生・アドバイザーとの二者面談や、必要に応じて学生・保護者・アドバイザーとの三者面談を実施し、次期において成績が改善するように指導する。
  • 12. 4年間の学修評価は、4年次に履修する「演習Ⅱ」における卒業研究によって行う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

※平成30年度より、経営学部経営学科は経済経営学部経済経営学科に改組予定。同学部学科としてのポリシーを策定。

※pdf版はこちら(全学部・学科、研究科等)(PDF:292KB)PDF

※人材養成目的および3つのポリシーは、より深い理解につながるよう、内容や表現等について定期的な見直しを行っています。

Adobe Readerのダウンロード

PDFをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
以下のサイトよりダウンロードのうえ、インストールしてください。

Adobe Readerはこちら

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA