• HOME
  • 経営学部
  • ニュース一覧
  • 田中ゼミ(3回生)の取り組み:経営者と社員からお話をうかがう第3弾:ドクター・オブ・ジ・アース(株)河村社長

学部・大学院経営学部ニュース

2017年12月13日|経営学部ニュース
田中ゼミ(3回生)の取り組み:経営者と社員からお話をうかがう第3弾:ドクター・オブ・ジ・アース(株)河村社長

11月28日、産地直送野菜の流通を事業内容とする、ドクター・オブ・ジ・アースの河村賢造社長と社員の方2名のお話を伺いました。

ドクター・オブ・ジ・アースは経済産業省を始めとするビジネス関連の賞を10も受賞している優良企業です。

お話はまず、社長が大学3回生のときのゼミの活動が元となり、地球に寿命があるからこそ地球を救いたいという想いが沸き上がり、起業をしようと決心し、社名を決定したということから始まりました。

消費者の声が農家に届いていない現状を打破し、懸命に作られた野菜を消費者に送り届けることの工夫や喜び、野菜への想い等が熱く語られました。

社員の方々からは、店長として料理等の提案型販売をしていることや、元シェフである経験を活かして、飲食店に野菜を卸すやりがい等が話され、そのキャリアにも学生は興味津々でした。

その後、じゃがいも、インカの目覚め、人参、プチトマトの試食をさせていただき、頭もお腹も満たされた時間となりました。