学部・大学院経営学部ニュース

2017年12月07日|経営学部ニュース
特殊講義(地元B to Bオンリーワン企業講座)外部講師による講演7

特殊講義(地元B to Bオンリーワン企業講座)の第9回目の授業が11月30日(木)2限目に行われました。この科目では、実際に「地元B to Bオンリーワン企業」から講師をお招きして、より実践的な知識を学んでいます。

今回は、求人広告・求人情報専門企業の株式会社アイデムJOBRASS & Smart Div(大阪市)から、JOBRASSグループJOBRASSエージェントチームプロジェクトマネージャーの安達真人様と同グループマーケティングチームキャリアアドバイザーの長田渉様にお越しいただき、特別セミナー「自己PRの作り方~自分自身を振り返りながら、効果的な自己PRを作ろう!~」を開催しました。今回のセミナーは、第2回目講義(10月5日)における「逆求人サイトJOBRASS(新卒)」登録会の際に作成した「自己PR」の更なる充実、本講義最終回のグループ・ディスカッション、2018年3月からの就活に向けた本格的準備を目的として行われました。

講義では、まず長田様より「自己PRの作り方」についてご講演いただきました。就活とはいわば自分自身の営業活動であること、そして企業は仕事ができる可能性のある学生を求めていること(ポテンシャル採用)、したがって企業のニーズに合わせて自分の良いところを提案していくことが必要であることを学びました。その際、企業が採用の判断材料とするのが「社会人基礎力」で、特に「主体性・実行力・柔軟性」のある人が求められているが、実は「人柄・性格」が最も重要であるとのご指摘がありました。また、学生時代の経験では、学業・アルバイト・部活動が重視されるが、項目を列挙するだけでなく何を学び・どう考えたのかなど「中身」が重要であることを教えていただきました。

その後、学生は思いつく自己PRポイントを列挙し、それを裏付ける学生時代のエピソードを振り返り・具体的に書き出し、今後それをどう活かすかを考えるという一連の作業を通して、自己PRの更なる充実に取り組みました。

最後に、安達様が学生からの質問に丁寧にお答え下さいました。特に、自己PRについて正解はなく、授業や様々な経験などを通して自分がどう成長したのかをきっちり書き、それを伝えることが重要であるとのご指摘がありました。また、入りたい会社には、企業研究や業界研究で誰にも負けない状態にしておくこと、その際インターネット情報だけでなく実際に説明会やイベント(インターンシップなど)に参加して自分の目と耳で確かめることが重要であると教えていただきました。


株式会社アイデム様URL

JOBRASS新卒URL

第2回目講義(JOBRASS登録会)の様子(10月5日)