学部・大学院経営学部ニュース

2017年10月25日|経営学部ニュース
特殊講義(地元B to Bオンリーワン企業講座)外部講師による講演2

今年度も地元B to Bオンリーワン企業講座が開講されました。この科目では、実際に「地元BtoBオンリーワン企業」から講師をお招きして、より実践的な知識を学んでいます。

第3回目の授業が10月12日(木)2限目に行われ、三菱電機住環境システムズ株式会社関西支社(吹田市)より業務部総務課リクルート担当の伊藤千沙都様におこしいただき、講義をしていただきました。

前年度に引き続き大変わかりやすいご講演で、B to B業界と家電業界の全般的なお話から、親会社である三菱電機との関係、そして自社の経営の特徴と具体的なお仕事の内容についてお話いただきました。とくに経営の特徴では自社が「メーカー機能のある商社」であること、そして仕事内容では「機種管理部門」、「開発営業部門」と「ルート営業部門」の仕事の違いについてご説明くださいました。

大きなイベントでしか見られない貴重な映像を見せていただいたり、また社員の方の実際の仕事風景の映像を見せていただいたりしました。とくにお仕事の映像は、上記三つの部門の営業現場を紹介した大変貴重なもので、社員の方のお手製ということでとてもアットホームな会社の雰囲気が伝わってきました。また、「商社にとって一番に大切なのは社員」という理念のもと、各種の研修制度や福利厚生が充実していることも併せてご説明くださいました。

最後に就活を控えた学生へのアドバイスとして、求められる人物像は「責任感、協調性、積極性」のある人であり、さらに、どのような業界・企業であっても現役社員やOB・OGを訪問したり、商品を手に取ったり、施設や店舗を見学したり、直接本物にふれることの大切さを教えていただきました。

講義は飛び入りの見学者もでるほど盛況で、講義終了後もとくに女子学生がたくさん教卓を囲み、学生の率直な質問にも懇切にご対応くださるなど和やかに歓談いただきました。

三菱電機住環境システムズ株式会社様URL

http://www.mitsubishielectric.co.jp/group/le/

前年度の講義の模様

今期第2回目の講義の模様