学部・大学院経営学部ニュース

2017年07月25日|経営学部ニュース
田中ゼミが恒例となった四天王寺大学との合同ゼミを実施しました!

7月22日(土)、帝塚山大学経営学部の田中ゼミと、四天王寺大学経営学部の木村ゼミが、恒例となった合同ゼミを、四天王寺大学あべのハルカスサテライトキャンパスで実施しました。

テーマは、「優良企業について考える」です。

優良企業について、田中ゼミは企業の視点から、木村ゼミは従業員や就活を控えた学生の視点から、情報を収集・調査・分析し、結果を報告しあいました。

田中ゼミでは、優良企業の要件として、①経営のあり方、②仕事のやりがい、③人間関係、④制度、⑤財務が必要と考え、それぞれの視点から分析がされました。

木村ゼミでは、各自が優良と思う企業を3点挙げ、その共通項を元に優良企業について検討がされました。

それぞれの報告後は、グループに分かれ、就職活動で優良企業に入社しようとするなら、どのような人材が求められるのか、まためざす人材になるために今からすべきこと等、意見を出し合い、報告をしあいました。

合同ゼミ終了後、学生たちは懇親会を行い、普段の大学生活や就職活動の状況等について、楽しく語り合いました。プレゼンテーションやグループディスカッションにとどまらず、懇親会で語り合えたことで、これまで取り組んできたことをさらに深めることができたようです。

 

田中ゼミ発表

木村ゼミ発表

グループディスカッション・発表

両ゼミ記念撮影