学生生活 | 学生生活と健康

ホーム の中の 学生生活 の中の 学生生活と健康 の中の 日常生活上の健康管理

本文印刷


日常生活上の健康管理

近年、喫煙、飲酒、運動不足、食生活の乱れにより、若い人でも生活習慣病を患うリスクが非常に高くなっています。日頃から規則正しい生活習慣を心がけ、自分の健康は自分で守りましょう。

1.栄養バランスのよい食事を取りましょう。

1日3回のバランスの良い食事を心がけましょう。特に朝ごはんは一日の活動を始める上で大事なエネルギー源です。必ず食べるようにしましょう。

体格指数(ボディ・マス指数) BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)。

18.5未満〔低体重(やせ)〕18.5以上25未満〔普通体重〕25以上〔肥満〕です。無理なダイエットはせず、適正な栄養状態、栄養素、カロリー摂取を心がけ、また暴飲暴食や過度な偏食を避け肥満や生活習慣病予防に努め、自分の健康体重を維持する自己管理能力を身につけましょう。

2.休養をしっかりととりましょう。

1日の始まりに朝日をたっぷり浴び、規則正しい生活リズムを作り、睡眠時間を十分取りましょう。
仕事や活動によって生じた心身の疲労を回復し、元の状態に戻るよう体を休めましょう。リラックスしたり、自分を見つめたりする時間を1日の中につくること。趣味やスポーツ、ボランティア活動などを積極的に行って英気を養い長い休暇で心身を調整しましょう。疲労をためず、ストレスと上手にむきあいましょう。

3.運動する習慣を身につけましょう。

大学生は、心身の発育、発達の充実期にあたる重要な時期です。体力があるからといっても運動は不可欠です。運動不足は、生活習慣病との深い関係が明らかになっています。活発な運動を行うと、消費エネルギーが増え、体力が向上し、身体機能が活性化することにより糖や脂質の代謝が活発となり、内臓脂肪の減少が期待されます。その結果、血糖値や脂質異常、血圧の改善により生活習慣病の予防につながります。
運動時には、持久力を中心とした運動(ジョギングやランニングなど)や、筋力を中心とした運動(筋カトレーニングなど)、また、その前後にストレッチングを加えた準備・整理運動などをバランス良く行いましょう。体力に応じた運動を選択することにより、運動を効果的に安全に行うとともに爽快感が得られ、不安な気持ちを改善するなどの心理的な効果も期待できます。
学生時代から、定期的に運動をする習慣を身につけ、生涯にわたる健康・体力づくりを実践しましょう。

入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学生生活


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA