学生生活 | 学生生活と健康

ホーム の中の 学生生活 の中の 学生生活と健康 の中の 学校感染症について

本文印刷


学校感染症について

大学は非常に多くの人が出入りする場所です。集団生活の場である学校においては予防すべき感染症が定められています。予防には各学生が感染症の対策を行うことが大変重要です。

学校感染症を予防するために

  1. 手洗い・うがいを習慣にしましょう。
  2. 咳が出るときはマスクをしましょう。
  3. 「栄養・睡眠」を十分とり、体力を維持しましょう。
  4. 咳や発熱が続くときは早急に医療機関を受診しましょう。
  5. 予防接種が推奨されている疾患は、感染経験が無く、予防接種を受けていない場合は、医師と相談のうえ、予防措置をとりましょう。(インフルエンザ、麻疹、風疹、水痘、流行性耳下腺炎、百日咳など)
  6. 海外旅行中や帰国後に、発熱、発疹、下痢やおう吐などの症状が出たら、必ず医療機関を受診してください。

海外渡航について

海外渡航(留学等)時は、事前に渡航先の情報(医療機関や環境・衛生状態・流行している病気)を確認し医師と相談の上、予防接種を検討しましょう。

トラベルクリニック

奈良西部病院で予約制で受診可能

<海外渡航に関する情報>

学校感染症と診断された場合

  1. 医師の許可があるまで大学に登校せず自宅療養してください。
  2. 病名及び診察を受けた医療機関名を教学支援課(各学部)に必ず報告してください。

大学での手続き

診断後、速やかに教学支援課(各学部)へ連絡し、医師の登校許可がでたのち「公認欠席(罹患)届」に医療機関の診断書添付のうえ、教学支援課(各学部)に提出してください。学校感染症に罹患したことを証明するだけの証明書では受理できません。治療が証明され、登校を許可する旨が記載された診断書が必要となります。
また定期試験を欠席する場合は、速やかに教学支援課(各学部)に連絡してください。

学校感染症一覧

学校(大学)において、予防すべき感染症の種類と出席停止(公認欠席)の基準は以下のとおりです。

  対象疾病 出席停止(公認欠席)の期間  
第一種

エボラ出血熱、痘そう、南米出血熱、
クリミア・コンゴ出血熱、ペスト、
マールブルグ病、ラッサ熱、
急性灰白髄炎、ジフテリア、
重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)、
特定鳥インフルエンザ(H5N1型、H7N9型)

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第六条第七項 から第九項 までに規定する新型インフルエンザ等感染症、指定感染症及び新感染症

治癒するまで 罹患届
第二種 インフルエンザ
(特定鳥インフルエンザ等感染症を除く。)
発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日(幼児にあつては、三日)を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで又は五日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻しん 解熱した後三日を経過するまで
流行性耳下腺炎 耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹 が発現した後五日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風しん 発しんが消失するまで
水痘 すべての発しんが痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状が消退した後二日を経過するまで
結核
髄膜炎菌性髄膜炎
病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
第三種 コレラ、細菌性赤痢、
腸管出血性大腸菌感染症、
腸チフス、パラチフス、
流行性角結膜炎、
急性出血性結膜炎

病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで。

※感染性胃腸炎(ノロ等)に関して、法律上出席停止の規定はありませんが本学では集団感染予防の観点から学校感染症に準じ出席停止とします。

その他の感染症(感染性胃腸炎)
その他の感染症 例:
腸管出血性大腸菌感染症
マイコプラズマ肺炎
RSウイルス感染症
手足口病 咽頭結膜熱 など
大学で重大な流行が起こった場合、その感染拡大を防ぐために第三種感染症として出席停止の措置をとることがあります。最新の情報はその都度掲示板でお知らせします。 通常欠席届

(学校保健安全法施行規則第18条・第19条 および本学での取扱い)

入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学生生活


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA