学生生活

ホーム の中の 学生生活 の中の ニュース の中の 学長と学生の対話を実施しました(学生会代議委員会)

本文印刷


ニュース

学長と学生の対話を実施しました(学生会代議委員会)

2016年02月22日

学生の声を届けようと2月16日、学生会代議委員会(川本晃平委員長)の代表学生が学長と話し合う「学長との対話」があり、本学学生の意見などをまとめた要望書を手渡しました。

この日、学生を代表して出席したのは代議委員会委員の竹内亨君(人文学部日本文化学科3年)、三浦由貴奈さん(文学部文化創造学科1年)ら3人。この日までにまとめられた要望書を岩井洋学長に手渡しました。要望書には「奈良・学園前キャンパスにしかないアプリケーションソフトを東生駒にも導入してほしい」「パソコン教室の自習時間の延長」など4項目の要望が書かれていました。大学では要望書を受けて担当部局に働きかけ、回答することとしています。

このほか、SNSを利用した大学の情報発信について学長と学生の間で活発な意見交換がなされました。この日参加した代議委員の学生らは「とても良い内容だったので、次回もぜひ参加したい」と話していました。

一覧へ戻る
入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学生生活


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA