学生生活 | 学費・奨学金について

ホーム の中の 学生生活 の中の 学費・奨学金について の中の 奨学金制度について

本文印刷


奨学金制度について

学習成果に応える奨学金&褒賞金制度が整っています。
成績上位者、資格取得者に奨学金、褒賞金を給付。

奨学金制度は学業成績や人物が優秀な学生または経済的な事情で修学が困難な学生に対して、学資の一部を給付する制度です。
本学では、学生の学習意欲に応えるため、独自の奨学金制度を設けています。入試および学業成績優秀者を対象に「帝塚山大学創立50周年記念特待生制度」を、大学の指定資格を取得、または試験に合格するなどの要件を満たした学生には「帝塚山学園特別褒賞金」を給付。向学心に燃える学生が励みになる制度として活用しています。経済的に修学が困難な学生をサポートするために、「帝塚山大学給付奨学金」「帝塚山大学入学時貸与奨学金」「帝塚山大学後援会奨学金」があります。

帝塚山大学創立50周年記念特待生制度

公募制推薦入試・前期(2科目型)/前期<専門課程>、一般入試A日程・前期(2科目型)、一般入試A日程・前期(3科目型)の入試成績により4年間の授業料が50%減免になります。

学年 給付対象 給付(減免)額
1年次 対象となる入試総得点が70%以上かつ1位から50位までの合格者。 授業料の50%
2年次以上
(過年度生は除く)
前年度に特待生であった学生で、同年度に30単位以上(卒業単位に算入しない資格課程科目は除く)の単位を取得した者で、所属する学科における学業成績がGPA2.00以上であった者。 授業料の50%
 

※2016年度入学者より適用します。

帝塚山学園特別褒賞金制度

本学の学生が、在学中に公的資格を取得するなど優れた実績をあげた者を表彰し、一層の研鑚を奨励することを目的として支給する制度です。
詳細は「帝塚山学園特別褒賞金受給者推薦に関する内規」(学生手帳に記載)を参照してください。

対象者 本学在学生(学部生)
給付総額 特別奨学金は3段階(A~C)ランクにより支給する。
Aランク
20万円
  • (1)公認会計士合格
  • (2)国家公務員総合職合格
  • (3)税理士 資格取得
  • (4)司法書士 資格取得
  • (5)弁護士 資格取得
Bランク
10万円
  • (6)応用情報技術者 資格取得
  • (7)教員採用試験( 都道府県・市)(中高)
  • (8)地方公務員上級( 都道府県・政令指定都市・東京都特別区) 行政職 合格
  • (9)国家公務員一般職 合格
  • (10)国税専門官試験 合格
  • (11)税理士( 累計2 科目以上) 合格
  • (12)CCNP( 主要2 科目) 合格
  • (13)情報セキュリティースペシャリスト 資格取得
  • (14)日商簿記1 級 合格
  • (15)中小企業診断士 資格取得
  • (16)社会保険労務士 資格取得
  • (17)行政書士 資格取得
  • (18)不動産鑑定士 資格取得
Cランク
3万円
  • (19)宅地建物取引士 資格取得
  • (20)基本情報技術者 資格取得
  • (21)ファイナンシャルプランナー2級FP 合格
  • (22)TOEIC®750 点以上
  • (23)CCNA 資格取得
  • (24)通関士 資格取得

注)帝塚山学園特別褒賞金と帝塚山学園特別奨学金第2期特別奨学金のうち同一資格による重複受給はできません。
重複した資格を取得した場合は、エクステンション・特設資格セミナー運営委員会で審議のうえ、受給対象を決定します。

帝塚山学園育英奨学金制度(大学院)

優れた新入生のうち経済的援助を必要とする者を対象とし、修学の実を挙げさせることを目的とした制度です。

大学院 博士前期課程

経済学研究科 人文科学研究科 法政策研究科 心理科学研究科
1年次入学生
1名以内
支給額:40万円
1年次入学生
1名以内
支給額:40万円
1年次入学生
1名以内
支給額:40万円
1年次入学生
1名以内
支給額:40万円

大学院 博士後期課程

経済学研究科 人文科学研究科 法政策研究科 心理科学研究科
1年次入学生
3名以内
支給額:
50万円(1名)
30万円(2名)
1年次入学生
2名以内
支給額:
50万円(1名)
30万円(1名)
1年次入学生
3名以内
支給額:
50万円(1名)
30万円(2名)
1年次入学生
3名以内
支給額:
50万円(1名)
30万円(2名)

※新入生のうち学業成績の優秀なものに在学期間中給付します。(但し毎年継続審査あり)

帝塚山大学奨学金制度

学業等、人物ともに優れ、経済的事情により援助を希望する学生に対して、奨学金を給付して修学を支援する制度です。

帝塚山大学 給付奨学金

金 額 給付時期・人数
各期18万円(給付) 前期:5月中旬
後期:10月中旬
各期60名

※詳細は学生生活課にお問い合わせください。

帝塚山大学後援会奨学金制度

帝塚山大学の各学部の在学生のうちで経済的理由により修学が困難な者に対し、修学の実を挙げさせることを目的として後援会より給付される奨学金制度です。

帝塚山大学 後援会奨学金

金 額 給付時期・人数
各期15万円
(給付)
前期:5月中旬
後期:10月上旬
各期3名以内

※詳細は学生生活課にお問い合わせください。

帝塚山学園海外留学奨学金制度

学生の国際性の涵養および勉学奨励のため優秀な学生を諸外国へ留学させることを目的とした制度です。
詳細は「帝塚山大学海外留学奨学生選考内規」(学生手帳に記載)および「国際交流プログラム」を参照してください。

帝塚山大学入学時貸与奨学金制度

日本学生支援機構の予約採用候補者で入学時特別増額貸与決定者に貸与する奨学金制度です。
入学時特別増額金を担保に前期授業料等学費の一部について5月末日までお待ちします。

貸与対象 1:日本学生支援機構の予約採用候補者で入学時特別増額貸与決定者
2:本学の入学試験に合格し、入学手続の完了予定の者
3:入学金を完納している者
4:日本学生支援機構入学時特別増額金入金後、即時に本学に返還可能な者
※貸与期間:日本学生支援機構入学時特別増額金の入金時まで
貸与金額 日本学生支援機構奨学金の予約採用候補者の入学時特別増額金決定額(上限額)

帝塚山大学学部褒賞制度

次の要件のすべてを満たす成績上位の者、または特に顕著な活動を行った者を対象に褒賞を行う制度です。褒賞内容については、各学部の教学支援課に確認してください。

①前年度の修得単位数(卒業に必要な科目。いか「卒業要件科目」という。)30単位以上(4年次生については20単位以上)であり前年度の成績が各学科において、4月1日時点の在籍者の3分の1以内の者
②卒業要件科目の修得単位数 2年次生:前年度まで30単位以上の者、3年次生:前年度まで70単位以上の者、4年次生:前年度まで100単位以上の者

学外の奨学金制度(日本学生支援機構)

区分 高校で奨学生採用候補者となっている方 大学入学後に申込む方
説明会実施時期 「進学届説明会」(4月初旬)に出席し、手続きを行う 「定期採用説明会」(4月中旬)に出席し、手続きを行う

※説明会日程等の詳細は、所属キャンパスの「奨学金掲示板」で確認してください。

日本学生支援機構第一種奨学金(貸与・無利息)

金 額(月額)  出 願 資 格 備 考
自 宅:
30,000円
54,000円
自宅外:
30,000円
64,000円
上記から選択
学資支弁が困難で学力が優秀な者
<学力基準>
1年:高校成績評定平均値3.5以上
2年以上:成績が所属する学科の上位1/3以内であること
標準修業年限まで貸与。
返還年数は10~20年以内。

日本学生支援機構第二種奨学金(貸与・利息付)

金 額(月額)  出 願 資 格 備 考
30,000円
50,000円
80,000円
100,000円
120,000円
から月額を選択制

学資支弁が困難な者
<学力基準>
1年:入学を持って基準を満たす
2年以上:所定の単位数以上を修得

標準修業年限まで貸与。
返還年数は10~20年以内。
年3%を上限として利息がつく。

緊急時の奨学金制度について

家計状況の急変や不慮の災害により、緊急に奨学金を必要とする場合は、日本学生支援機構奨学金に随時出願が可能です。詳細は学生生活課まで問合せてください。なお、緊急採用への申込み期限は、事由発生から1年以内です。

その他の奨学金

学校を通じて募集を行う奨学金制度は、東大阪市奨学金、交通遺児育英奨学金、あしなが育英奨学金、朝鮮奨学会奨学金などがあります。募集があり次第掲示します。
詳しくは学生生活課に問い合わせてください。

入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学生生活


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA