ホーム の中の 帝塚山大学出版会 の中の ニュース の中の 【書評】「奈良新聞」において「僧寺と尼寺」が紹介されました。

本文印刷


帝塚山大学出版会

【書評】「奈良新聞」において「僧寺と尼寺」が紹介されました。

2012年07月06日

20120623奈良新聞「僧寺と尼寺」書評.jpg本会刊行書籍「僧寺と尼寺」が、6月23日付の「奈良新聞」に紹介されました。

本書は、わが国に仏教が入ってきた当初からの寺院、僧尼の存在と、古代寺院の内なる面に視点を投じるとともに、僧寺と尼寺の違いとは何なのか?という疑問を解明しながら、日本人の根底にある寺院や僧尼に対する尊敬のまなざしを見つめます。尼寺に焦点を当てた書籍は珍しく、多数の問い合わせをいただいております。

本書の詳細およびお求めについては こちら をご覧ください。

 

※記事転載発行元許諾済

一覧へ戻る
入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス

このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA