卒業生の方へ

ホーム の中の 卒業生の方へ の中の ニュース の中の 「先輩から学ぶ生きた経済」 経済学部で卒業生による講義を行っています

本文印刷


卒業生の方へ

「先輩から学ぶ生きた経済」 経済学部で卒業生による講義を行っています

2010年12月16日

P1000277-thumb-240xauto-2329.jpg経済学部では、「先輩から学ぶ生きた経済」と題して、卒業生の方々をお招きして様々な講義を行っています。

12月16日は、「先輩から学ぶ生きた経済」の第11弾として、株式会社インテリジェンス(キャリアコンサルティング業)リーダーの 山口 洋司 氏(本学教養学部卒業)を講師としてお招きし、特別講義を実施しました。

山口先生からは、本学を卒業後、キャリアコンサルティング会社の営業職に携わってこられたご経験を踏まえて、近年の新卒の労働市場を解説いただくとともに、企業側から見た学生の「採用価値」の判断ポイントや大学卒業後の様々な選択肢(就職、留学、大学院進学など)ごとにそのメリットやデメリットについてご教示いただきました。

講義のなかで、山口先生から学生に向けてされた「大学生活で何か一つ頑張ったことがありますか?」「就職活動が、今までの人生で最も大切だと言ったら信じますか?」「やりたい仕事は決まっていますか?」などの質問に、学生達は頭をひねりながらも一生懸命に自身の答えを導こうとしていました。また、学生からは「企業側が求める自己PRとは何か?」「就職する会社のどこをみればよいか?」といった真剣な質問が相次ぎました。

この特別講義は、帝塚山大学同窓会・わかみどり会の協力のもと、本学を卒業し社会・企業・団体等で活躍をされている諸先輩方から、自らの実体験に基づく社会経済の見方・考え方、すなわち「生きた経済」を、リレー形式で講義をしていただくものです。各先輩方の講義の様子は、引き続き当ホームページにて報告する予定です。

 

☆「先輩から学ぶ生きた経済」の様子は、経済学部のニュースで掲載しています。

http://www.tezukayama-u.ac.jp/faculty/economics/

一覧へ戻る
入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス

このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA