文学部

日本文化学科

奈良の地で多彩な領域の日本文化を深く探究し、
文化を通して社会に貢献できる力を身につける。

2018年4月より文化創造コースを加え
さらにパワーアップします。

日本の文化を深く学べる豊かな環境と機会。

ますます加速するグローバル社会において、真の国際人として求められていることとは何でしょうか。それは、自国の文化をしっかりと語ることができるかどうかだと私たちは考えます。そのために日本文化学科では、歴史・民俗、文学・演劇にわたる日本の文化的伝統に関する豊かな経験と深い知識を学び、地域の文化や現代社会に生かし、次代につないでいくことのできる人材を養成しています。

日本文化学科の4つの特長

個々の興味関心に合わせて自由に選択できるコース

  • 歴史・文化財コース
  • 文学・表現コース
  • 文化創造コース

日本文化の幅広い分野から、興味・関心に合わせて自由に選択可能。

広域な日本文化の学問領域の中から、学生の興味、関心、将来の目標にあわせた学びを提供するために3つのコースを用意。コースを横断して科目を履修することも可能です。自由度の高いコース制により、国際的視点に立った豊かな教養と、日本文化に関する深い見解を身につけ、社会や地域に貢献できる人材を養成します。

幅広い分野を徹底的に学べる環境

少人数クラスで専門分野を深く学び、自主的な思考力や探究心を養う。

一人ひとりが関心のある分野を深く追求できるよう、専門分野ごとに少人数クラスの演習を編成。また、「卒業研究」を目標に、文献・資料集めや論文作成、発表・ディスカッションなどを通じて分析力、企画力、読解力、表現力を段階的に養います。

体感的に学ぶ「学外実習」や「プロジェクト型学習」

歴史や文化を体感する多彩な「体験型学習」を用意。深い知識を養う。

文化遺産などを訪れる「学外学習」、現場での「フィールド・ワーク」、附属博物館が所有する豊富な資料を生かした授業、地域社会に貢献しながら学びを深める「プロジェクト型学習」など、多くの実践の場を用意。歴史や文化に関する深い知識を身につけ、企画力を高めます。

充実した資格取得サポート

学んだことを生かせる学芸員や教員免許、司書の資格取得を支援。

高等学校(地理歴史・国語)や中学校(社会・国語)などの教員免許や司書の資格取得を徹底サポート。さらに、学内に附属博物館を有する学修環境を生かし、「博物館実習」の実施や「学生による企画展」の開催などを通じて、学芸員の資格取得支援にも力を入れています。


めざせる進路

中学校や高等学校の教員や博物館学芸員、図書館司書など文化行政にかかわる公務員ほか、マスコミ、広告、旅行、観光など幅広い業種の一般企業でも本学科の学びが生かせます。

  • 中学校教諭(社会・国語)
  • 高等学校教諭(地理歴史・国語)
  • 博物館学芸員
  • 図書館司書
  • 司書教諭
  • 日本語教員
  • 公務員、文化事業、地域産業
  • 民間企業(マスコミ、印刷、出版、広告、旅行、観光、教育)
  • 研究職(大学院に進学)


取得できる資格

  • 高等学校教諭一種免許(地理歴史・国語)
  • 中学校教諭一種免許(社会・国語)
  • 学校図書館司書教諭
  • 図書館司書
  • 学芸員

(指定科目の単位取得により取得可能な資格)

日本文化学科についてもっと知りたい方へ

  • 日本文化学科
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
文学部|日本文化学科
他の学科を見る
文学部|日本文化学科
閉じる