学部・大学院

心理科学研究科Graduate School of Psychological Sciences

心理科学専攻

現代社会の諸問題に焦点を当て、心理学を中核とする 人間行動研究を基盤として問題解決を図る。

1.科学的アプローチ、2.地域での実践活動、3.学際研究、4.国際交流という4つの方針を立てて教育研究を推進することで、現代社会の諸問題(家庭や学校現場での児童虐待やいじめ、地域社会で多発する犯罪や自殺、科学技術の発展に伴う事故や災害など)を理解し解決できる有能な高度職業人や研究者を養成します。

  • ※ アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)、ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)は下記PDFファイルをご確認ください。

人材育成目的

心理学研究科では、心理学の科学的側面と実践的側面の両者を重視して、心理学を中核とする人間行動研究を基盤とし、近年の「心の時代」における人間と社会の問題に正面から取り組むことを目指します。

詳しい情報

以下の情報をご案内しています。

  • 専攻の構成と特色
  • カリキュラム
  • 研究環境・設備
  • 進路・資格
  • 教員紹介
  • 入試日程
  • ※ 本サイトの掲載内容は、すべて2018年度入学生向けの情報です。
  • 学費支払いシミュレーション
  • インターネット出願
  • 資料請求
  • CAMPUS GUIDE2018 デジタルカタログ