学部・大学院

人文科学研究科Graduate School of Humanities

日本伝統文化専攻

「日本伝統文化専攻」という、独創的な専攻を確立。 有形文化や無形文化、関連諸学を通して、日本文化を総合的に把握。

歴史学・考古学・美術史学・民俗学の4分野とその関連諸学を通して、全国でも類を見ないユニークな専攻名のとおり、独創的な視点で日本文化の総合的な解明に努めます。有形文化とともに無形文化の考察も重視しながら、世界文化遺産の地・奈良のロケーションを生かして、フィールドワークを積極的に行っているのも特色のひとつです。

  • ※ アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)、ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)は下記PDFファイルをご確認ください。

人材育成目的

日本伝統文化専攻では、日本伝統文化を総合的かつ体系的に究明し、有形文化や無形文化の探求を通して、日本伝統文化に関する高度な専門職業人の養成や学際的視野に立つ研究者の育成を行います。

詳しい情報

以下の情報をご案内しています。

  • 専攻の構成と特色
  • カリキュラム
  • 研究環境・設備
  • 進路・資格
  • 教員紹介
  • 入試日程
  • ※ 本サイトの掲載内容は、すべて2018年度入学生向けの情報です。
  • 学費支払いシミュレーション
  • インターネット出願
  • 資料請求
  • CAMPUS GUIDE2018 デジタルカタログ