現代生活学部

食物栄養学科

Department of Food and Nutrition

企画・提案力、実践力、マネジメント力、
コミュニケーション能力の優れた、
現場で戦力となる管理栄養士を育成。

充実した実習を通じて「食」への視野を広げる。

食物栄養学科では、「食」に対する多角的な視点と実践的な能力を養成するために、近畿地区でもトップレベルの回数と内容の充実度を誇る調理実習を実施しています。また、食育や食文化の発展に貢献する幅広い専門知識を修得し、地域や企業と連携したプロジェクトを通じて企画・提案力、実践力、マネジメント力、コミュニケーション能力を養い、医療や福祉、行政、学校などの幅広い分野で戦力として活躍できる管理栄養士をめざします。

食物栄養学科の4つの特長

1年次からスタートする充実した国家試験対策

高い合格実績を裏付ける徹底した教育体制。

1年次から国家試験対策をスタート。国家試験対策室を設置し、個人面談を行って受験意識を高め、習熟度別の対策授業を実施するなど、教員が一丸となって一人ひとりの合格をサポートします。その結果、2016年3月の管理栄養士国家試験合格者90名と、全国の男女共学大学第5位の実績を誇っています。

現場経験豊富な教員指導のもとで学べる実習

さまざまな施設の現場で学び、実践力の高い管理栄養士を育成。

現場経験の豊富な教員による学内実習を実施。臨地実習では、病院や老人保健施設、福祉施設、保健センター、小学校などさまざまな施設での現場体験を通じて、管理栄養士として必要な実践力を身につけます。

食の専門家を育てる充実の設備と調理実習

献立作成や企画・提案力を養う調理実習等を数多く実施。

管理栄養士として必要不可欠な調理技術を身につけるため、本学では4年間で他校よりも多い約45回もの調理実習を実施しています。給食経営管理実習では、献立作成や作業管理を通じて企画・提案力、マネジメント力を身につけます。また、「給食経営管理実習室」や「臨床栄養実習室」などの設備を配備しています。

地域や企業との連携によるプロジェクト型学習

商品開発やレストランの経営を通じて、食の現場に必要な能力を身につける。

地域や企業などとの連携により、商品開発やレストランの経営などさまざまなプロジェクトを展開。一つの目標に向かって、企画・提案力やマネジメント力、コミュニケーション能力など、現場の業務を体験しながら学ぶことで、将来食の分野で活躍するために必要なあらゆる能力を養います。


めざせる進路

医療や福祉のみならず、健康増進をめざす行政や学校・事業所給食施設などさまざまな分野で活躍できる管理栄養士。 食品関連企業で食の知識を生かすこともできます。

  • 医療機関・福祉施設(病院・介護老人保健施設)
  • 保健所・保健センター・都道府県庁など行政機関
  • 栄養教諭(小学校、中学校、給食センター)
  • 学校給食施設・事業所給食施設
  • 健康増進施設
  • 食品関連企業


取得できる資格

  • 管理栄養士(受験資格)
  • 栄養士
  • 栄養教諭一種免許

(指定科目の単位取得により取得可能な資格)

食物栄養学科についてもっと知りたい方へ

  • 食物栄養学科
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
現代生活学部|食物栄養学科
他の学科を見る
現代生活学部|食物栄養学科
閉じる