現代生活学部

こども学科

Department of Child Studies

長期的視野で子どもに寄り添い、
成長に合わせて支援できる人材を育成。

保護者や地域社会と連携し子どもの成長を支援。

こども学科では、保育所.幼稚園、小学校の連続性のある学びを通じて、乳幼児期から児童期にかけての子どもの成長・発達を支援できる教育者を育成します。小学校教諭、幼稚園教諭、保育士の3資格の取得に向けた学びを並行できるカリキュラムを設定。学内の子育て支援センターでの事業への参加や、同じキャンパス内にある帝塚山小学校や幼稚園の授業や保育を見学する機会を設け、保護者や地域社会と手を携えて子どもを育む意識も体得します。

こども学科の5つの特長

保育所、幼稚園、小学校までの”連続性のある学び”

子どもの発達の過程とその連続性を長期的視野で支える力を養う。

子ども一人ひとりに焦点を合わせ、保育所から幼稚園、小学校までをひと続きとして捉える“連続性のある学び”を展開。長期的視野で子どもの成長を支え、適切な保育・教育ができる人材を育てます。

総合学園ならではの充実した実習教育

多くの実習体験を通じて、現場で活躍できる実践力を養う。

同一キャンパス内にある併設の小学校や幼稚園、「子育て支援センター」などの施設、奈良県内の保育所、幼稚園、小学校、施設などとの連携による実習を数多く実施。現場で子どもにかかわる機会を多く持つことで、保育や教育現場を理解し、子どもや保護者とのコミュニケーション能力を磨きます。

実践力を身につけるカリキュラム&施設

現代の保育・教育に合わせた、充実した学びの環境。

外国人児童への対応や電子黒板の扱いなど、時代に即したカリキュラムを用意。また、音楽レッスン室、造形室、保育演習室などの専門性の高い教育・保育が学べる設備を完備しており、将来必要となる実践力を鍛えます。

3つの資格(小学校教諭・幼稚園教諭・保育士)が無理なく取得可能

乳幼児から児童まで、子どもを深く理解できる人材を育成。

4年間の学びを通じて、卒業時に小学校教諭・幼稚園教諭・保育士の3つの資格を同時に無理なく取得することができます。また、資格にかかわる学びを通じて、幅広い知識と思考を身につけることができます。

4年間を通じたゼミによるきめ細かな就職指導

早期にめざす進路を意識し、採用試験に備える。

1年次の基礎演習、2年次の応用演習、3・4年次のゼミナールを通じて、少人数で実施するゼミを配置し、学生一人ひとりの進路に合わせたきめ細かな指導を行います。2年次の応用演習のクラス編成は、3年次の教育実習先を軸にしており、早期にめざす進路を意識させることで、進路別に徹底した就職指導を実施します。


めざせる進路

小学校・幼稚園・保育所はもちろん、子育てや教育関連企業、施設の職員や専門スタッフなど幅広い進路への就職が可能です。多くの卒業生が教諭・保育士として活躍しています。

  • 小学校
  • 幼稚園
  • 保育所
  • 認定こども園
  • 児童養護施設、障害児施設、乳児院、児童館、学童保育所
  • 子育て関連企業
  • 教育関連企業
  • 大学院


取得できる資格

  • 小学校教諭一種免許
  • 幼稚園教諭一種免許
  • 保育士
  • 学校図書館司書教諭

(指定科目の単位取得により取得可能な資格)

こども学科についてもっと知りたい方へ

  • こども学科
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
現代生活学部|こども学科
他の学科を見る
現代生活学部|こども学科
閉じる